MRが楽しい

MRやVRについて学習したことを書き残す

ARとVRデバイスを色々調べてまとめる(HTC Vive)

ARとVRデバイスを色々調べてまとめる VR枠その2 HTC vive です。

HTC Vive

f:id:bluebirdofoz:20170504164531j:plain
www.vive.com

スペック

本体スペック

OS外部PC接続
スピーカー3.5mmジャック
電源USB給電
重量620g(ヘッドバンド含む)

外部PC要求スペック

CPUIntel i5-4590同等以上
GPUNVIDIA GTX 1060同等以上
メモリ4GB以上のRAM
OSWindows 7 SP1以降

ディスプレイ

視野角約110度
解像度(全体)2160×1200
解像度(片目)1080×1200
リフレッシュレート90fps

搭載センサ

センサジャイロセンサー/加速度センサー/位置センサー
ラッキングカメラベースステーション(2個)
ルームスケールサイズ11.5ft(約3.5m)四方
参考:VIVE
   https://www.vive.com/jp/
参考:いま買うべきVR機器は?
   http://japanese.engadget.com/2016/09/20/vr-playstation-vr-oculus-rift-htc-vive-vr/
参考:HTC ViveとOculus Rift CV1&Touchを徹底比較
   http://blog.livedoor.jp/wisteriear/archives/1063074467.html
参考:徹底検証!VIVEとOculus Touchのトラッキング機能にはどんな差があるのか?
   http://vrinside.jp/news/vive-vs-oculus-rift-touch-roomscale/
参考:HTC viveのスペック情報とおすすめアプリ、ゲームを紹介する
   http://blog.endstart.net/article/htc-vive-spec.html

価格

HTCvive9万9,800円税別
※ 日本向け販売価格

長所/短所

長所

・広い視野角と高い解像度による没入感の高さ
・広域なルームスケール機能、ベースステーションによるトラッキング性能の高さ
・steamとの連携によるコンテンツの豊富さ

短所

・高額な価格設定
・透過型ディスプレイの視野角の狭さ
・起動にはHTC viveとは別に外部PCが必要

アプリ開発環境

・Viveport SDK
・Unity/Unreal Engine 4など
参考:開発者のためのViveportのご紹介
   https://developer.viveport.com/jp/develop_portal/

感想

HTC社から一般向けに販売されているHUD型VRデバイスです。

優れた点について

本機の優れた点はハイエンドVRデバイスとしては最高レベルの広い視野角と高い解像度です。
映像面でも非常に高い没入感を提供してくれます。
HTC viveではそれに加えてルームスケール機能の存在があります。
11.5ft(約3.5m)四方の空間を仮想空間として歩き回ることができるため、仮想空間内の移動面でも高い没入感を提供します。
特にアトラクション系のアプリと親和性が良く、イベントで利用されるVRデバイスOculus RiftよりHTC viveが多い印象です。

筐体以外の利点

本体としての優れた点だけでなく、HTC viveには環境面での利点も多く存在します。

第一の利点として、コンテンツが非常に充実していることです。
HTC viveはアプリストアとして既存のPCゲームストアのsteamをプラットフォームとして利用しています。
このため、非常に多くのゲームコンテンツがHTC viveのVR機能に対応しています。
Oculus RiftはOculus Homeという新規ストアを利用しているため、専用アプリの数には倍以上の差があります。

第二の利点として、日本の国内販売店の存在です。
対抗機であるOculus Riftは日本国内の代理店が存在せず、Oculus社に直接注文を行い、国際宅配で受け取る形となります。
その点、HTC viveは国内に代理店が存在し、そこから購入することができます。
非常に高額な買い物のため、故障などのリスクを考えると、日本在住の個人ユーザにはとても有り難いでしょう。

第三の利点として、販売台数の多さです。
現状での販売台数はHTC viveがOculus Riftを上回っています。当然ながら販売台数が多ければ情報も多くなります。
上記の代理店問題もあってか、日本の開発コミュニティはHTC viveの方が活発である印象を受けます。

Oculus Riftと比較した際の難点

第一には価格の問題があげられます。
2017年3月1日にOculus Rift CV1が値下げを行ったことから、その価格設定に大きな差が発生しました。
本体のみだと1.5倍近い価格となります。見た目上のスペックは差ほど変わらないため、購入者としては悩み処となるでしょう。

また、対抗機のOculus Riftと使用感を比較した場合、欠点として上げらることが多いのは重量の問題です。
事実、HMD本体はOculus Riftと比較して重いことと、重心の設計が前面寄りなのが、Oculusに劣る点として指摘されます。
しかし致命的なほどの問題ではなく、あくまで比較すると感じられる程度の問題のようです。