MRが楽しい

MRやVRについて学習したことを書き残す

公式チュートリアル「MR and Azure 302 2~4章」を試してみる

本日はチュートリアルの実施枠です。
Academyの「MR and Azure 302: Computer vision」の実施内容をまとめます。
docs.microsoft.com
前回記事の続きです。
bluebirdofoz.hatenablog.com
今回は「Chapter 2 ~ Chapter 4」です。

Chapter 2:Set up the Unity project

Chapter 3:Main Camera setup

チュートリアルページではプロジェクトの基本的な設定項目について全て手動で行っています。
これらの設定項目は MRTK を利用すれば自動で設定可能です。本記事では MRTK を利用します。

以下の手順ページの「HoloLens(WindowsMR) プロジェクトの基本設定」までを実施したプロジェクトを作成します。
bluebirdofoz.hatenablog.com
f:id:bluebirdofoz:20180813050559j:plain

InternetClient と Webcam の利用が必要なため、capabilites の設定を行います。
メニューから Mixed Reality Toolkit -> Configure -> Apply UWP Capability Settings を開きます。
f:id:bluebirdofoz:20180813050608j:plain

「Apply UWP Capability Settings」ダイアログが開くので、「InternetClient」と「Webcam」にチェックを入れて「Apply」を実行します。
f:id:bluebirdofoz:20180813050619j:plain

Chapter 4:Setup the Label system

HoloLens のカメラを使用して画像を取得すると、Azure Computer Vision API Service に画像が送信されて分析されます。
その分析の結果はタグと呼ばれる認識されたオブジェクトのリストになります。
写真を撮った場所にこれらのタグを表示するには Label を(ワールドスペースの3Dテキストとして)使用します。

次の手順では、Labelオブジェクトを設定する方法を示します。

1.Hierarchy パネル内の任意の場所(この時点では場所は関係ありません)を右クリックします。
3D Object -> 3D Text を選択して3Dテキストを追加します。LabelText という名前を付けます。
f:id:bluebirdofoz:20180813050628j:plain

2.LabelText オブジェクトを選択した状態で Inspector パネルを開き、次の変数を調整します。
a.Ref Transform の Position を X:0,Y:0,Z:0 に設定します。
b.Ref Transform の Scaleを X:0.01,Y:0.01,Z:0.01 に設定します。
c.Text Mesh の Text を 「...」に設定します。
d.Text Mesh の Anchor を Middle Cente に設定します。
e.Text Mesh の Aligment を Center に設定する
f.Text Mesh の Tab Size を 4 に設定する
g.Text Mesh の Font Size を 50 に設定する
h.Text Mesh の Color を #FFFFFFFF に設定する
f:id:bluebirdofoz:20180813050640j:plain

3.LabelText オブジェクトを Hierarchy パネルから Asset Folder にドラッグします。
これにより LabelText が Prefab になり、コード上でインスタンス化できるようになります。
f:id:bluebirdofoz:20180813050650j:plain

4.LabelText オブジェクトを Hierarchy パネルから削除して、シーンに表示されないようにする必要があります。
これは Assets フォルダから個々のインスタンスを呼び出す Prefab であるため、シーン内に保持する必要はありません。
f:id:bluebirdofoz:20180813050659j:plain

次に、ラベルを表示する位置を示すカーソルを作成します。

1.Hierarchy パネルの MixedRealityCameraParent を右クリックして、3D Object -> Sphere を選択します。
作成された Sphere オブジェクトを Cursor という名前に変更します。
f:id:bluebirdofoz:20180813050708j:plain

2.Cursort オブジェクトを選択した状態で Inspector パネルを開き、次の変数を調整します。
a.Ref Transform の Position を X:0,Y:0,Z:5 に設定します。
b.Ref Transform の Scaleを X:0.02,Y:0.02,Z:0.02 に設定します。
f:id:bluebirdofoz:20180813050719j:plain

Hierarchy パネルの最終的なオブジェクト構造は、下の図に示すようになります。
f:id:bluebirdofoz:20180813050729j:plain

Chapter 4 はここまでです。
次回は Chapter 5 を実施します。
bluebirdofoz.hatenablog.com