MRが楽しい

MRやVRについて学習したことを書き残す

MRTKv2.xでシミュレータ内にテスト用の空間メッシュを表示する

本日はMRTKv2.xの小ネタ枠です。
MRTKv2.xでシミュレータ内にテスト用の空間メッシュを表示する方法を記事にします。

SpatialAwarenessの設定

MRTKv2.xでは空間メッシュはSpatialAwarenessの設定で管理されます。
本項目のオブザーバにSpatialObjectMeshObserverを追加することでUnityEditor上で動作する空間メッシュオブザーバを設定できます。
learn.microsoft.com

SpatialObjectMeshObserverの設定手順

MixedRealityToolkitオブジェクトのInspectorビューを開き、プロファイルの[SpatialAwareness]タブを開きます。

[+ Add Spatial Observer]をクリックして新規オブザーバを追加します。
これでオブザーバ種別が未設定のNew data providerがリストに追加されます。

追加したオブザーバをSpatialObjectMeshObserverに変更します。
パネルを開き、[Type]のプルダウンから[Microsoft.MixedReality.Toolkit.SpatialObjectMeshObserver -> SpatialObjectMeshObserver]を選択します。

これでUnityEditor上で動作する空間メッシュオブザーバを設定できました。

シーンを再生して空間メッシュが表示されれば成功です。

以下の記事で紹介した空間メッシュの有効無効の切り替えもUnityEditor上で確認できます。
bluebirdofoz.hatenablog.com