MRが楽しい

MRやVRについて学習したことを書き残す

Meta Quest Developer Hubの環境構築手順

本日は環境構築の手順枠です。
Meta Quest Developer Hubの環境構築手順を記事にします。

Meta Quest Developer Hub

Meta Quest Developer HubはMeta Questのアプリ開発を効率化するためのデスクトップツールです
本ツールを利用することでPCからMeta Questの各種操作を行うことができます。
Meta Quest Developer Hub: Unity | Oculus Developers

Meta Quest Developer Hubのインストール

以下のページからインストーラをダウンロードします。
Oculus Developer Center | Downloads

ダウロードしたzipファイルを解凍し、Meta-Quest-Developer-Hub.exeを起動します。

インストーラが起動するので、インストールフォルダを指定して[インストール]を実行します。

これでインストールは完了です。

Tips

Meta Quest Developer HubにはADBがバンドルされているため、別途ADBをインストールする必要はありません。

ODHにはADBがバンドルされているため、自分でADBバージョンをインストールする必要はありません。
コンピューター上で既に別のADBバージョンを実行している場合は、ADBインスタンス間で競合が発生する可能性があります。
その場合はADBパスを変更することで、コンピューターの既存のADBバージョンを使用してください。
[Settings (設定)]に移動し、コンピューター上にあるADBインスタンスをODHが使用できるように、ADBパスを変更します。

https://developer.oculus.com/documentation/unity/ts-odh/ より引用)

Meta Quest Developer Hubの起動

Meta Quest Developer Hubを起動するとMetaアカウントでのログインを求められます。

これでMeta Quest Developer Hubが起動できました。

PCにMeta QuestをUSB接続すると[Device Manager]タブで接続したデバイスが表示されます。

Questデバイスの開発者モード設定

Meta Quest Developer HubでMeta Questの各種操作を行うには接続するQuestデバイスが開発者モードに設定されている必要があります。
以下の手順を参考にデバイスを開発者モードに変更してください。
bluebirdofoz.hatenablog.com