MRが楽しい

MRやVRについて学習したことを書き残す

自作の HoloLens2 アプリを Microsoft Store で公開する その12(申請差し戻し事例2)

本日は Microsoft Store に関する調査枠です。
自作の HoloLens2 アプリを Microsoft Store で公開するための作業手順を記事にします。

その12は申請差し戻し事例2です。

前回記事

以下の前回記事の続きです。
bluebirdofoz.hatenablog.com

申請差し戻し事例2

再申請を行ったところ、再び以下の差し戻しが発生しました。
f:id:bluebirdofoz:20220128003616j:plain

申請ページから差し戻し理由の詳細なレポートを確認できます。
f:id:bluebirdofoz:20220128003626j:plain

差し戻し理由

原因は再び「不正確な表現」による差し戻しでした。
ゲームカテゴリに割り当てられているにも関わらず、ゲーム機能がない旨のメモが記述されていました。
f:id:bluebirdofoz:20220128003723j:plain

差し戻し対応前の申請では Properties(プロパティ) の設定でカテゴリに[ゲーム]を指定していたことが原因でした。
ただし認定プロセスでゲーム機能を含んでいると判断される基準は不明なため、どうアプリケーションを変更すれば[ゲーム]カテゴリの基準を満たすかは分かりません。
f:id:bluebirdofoz:20220128003811j:plain

対応

こういったアプリケーションはカテゴリに[エンターテイメント]を選択しておくと、ある程度の体験要素が含まれていれば申請が通るようです。
f:id:bluebirdofoz:20220128003822j:plain

ただしカテゴリに[ゲーム]を指定した場合、Properties(プロパティ) の記事で言及した通り、後からカテゴリの変更が行えません。
筆者環境で試したところ、申請のキャンセルを行っても予約名にカテゴリが紐づいているため、カテゴリの変更は行えませんでした。
f:id:bluebirdofoz:20220128003843j:plain
f:id:bluebirdofoz:20220128003855j:plain

このため、アプリケーションに変更を加えず、カテゴリを[ゲーム]から変更して申請を通したい場合は予約名の取得からやり直す必要があります。
bluebirdofoz.hatenablog.com

既に予約していた名前は再利用できなくなってしまうため、特別な理由がない限り、カテゴリで[ゲーム]を選択するのは避けた方が良いものと思われます。

自作の HoloLens2 アプリを Microsoft Store で公開する その11(申請差し戻し事例1)

本日は Microsoft Store に関する調査枠です。
自作の HoloLens2 アプリを Microsoft Store で公開するための作業手順を記事にします。

その11は申請差し戻し事例1です。

前回記事

以下の前回記事の続きです。
bluebirdofoz.hatenablog.com

申請差し戻し事例1

Microsoft Store への登録申請を行ったところ、申請から2日後に以下の差し戻しが発生しました。
申請の結果は Microsoft アカウントのメールにも届きますので、メールを確認していればすぐに気づけます。
f:id:bluebirdofoz:20220127231557j:plain

申請ページから差し戻し理由の詳細なレポートを確認できます。
f:id:bluebirdofoz:20220127231606j:plain

差し戻し理由

原因は「不正確な表現」による差し戻しでした。
Sotre listings(ストアの登録情報)で登録するスクリーンショットは全てアプリケーションの実動作画面を直接キャプチャしたものである必要があります。
f:id:bluebirdofoz:20220127231616j:plain

差し戻し対応前の申請では以下の Blender で出力したイメージ画像をスクリーンショットに含めていたことが原因でした。
f:id:bluebirdofoz:20220127231631j:plain

対応と再申請

Sotre listings(ストアの登録情報)のスクリーンショットを全て実動作画面を直接キャプチャしたものに差し替えました。
f:id:bluebirdofoz:20220127231647j:plain

修正後、再び申請を行います。
f:id:bluebirdofoz:20220127231702j:plain

これで改めて認定プロセスが再開されます。
f:id:bluebirdofoz:20220127231721j:plain

自作の HoloLens2 アプリを Microsoft Store で公開する その10(Submission options(申請オプション) の設定と申請の実行)

本日は Microsoft Store に関する調査枠です。
自作の HoloLens2 アプリを Microsoft Store で公開するための作業手順を記事にします。

その10は Submission options(申請オプション) の設定と申請の実行を行います。

前回記事

以下の前回記事の続きです。
bluebirdofoz.hatenablog.com

Submission options(申請オプション)

以下のページを参考に設定を行います。
・申請オプションページ
docs.microsoft.com

フィールド名 Notes 詳しい情報
公開の保留オプション 既定:申請が認定されたら、すぐに公開します(または[スケジュール]で選択した日付で公開します) 公開の保留オプション
認定の注意書き 推奨 認定の注意書き
制限付き機能 製品で制限された機能を宣言する場合は必須 制限付き機能

今回は規定値のまま、特に変更は行いませんでした。
テスト用アカウントの利用方法など、申請テストで必要な注意事項がもしあれば[Notes for certification]に記述します。
f:id:bluebirdofoz:20220126234351j:plain
f:id:bluebirdofoz:20220126234406j:plain

Xbox Creator Program(Xboxリエータープログラム)

Properties(プロパティ)のカテゴリで[ゲーム]を選択していた場合、Xboxクリエイタープログラムを有効化することができます。
www.xbox.com
f:id:bluebirdofoz:20220126234433j:plain

本項目はオプションのため、設定を行わなくてもアプリの申請は可能です。

申請の実行

必要な項目を全て入力したら申請ページから[submit to the Store]をクリックします。
f:id:bluebirdofoz:20220127232605j:plain

これでアプリの認定プロセスが開始されます。
認定が完了するまで数日かかります。筆者の場合、2営業日待つことになりました。
f:id:bluebirdofoz:20220126234458j:plain

申請の完了

申請内容に問題がなく、かつ、Submission options(申請オプション) の設定で[Publish this submission as soon as it passes certificaion](申請が認定されたら、すぐに公開します)を選択していた場合、認定プロセス完了と共にアプリケーションが Microsoft Store に公開されます。
f:id:bluebirdofoz:20220127233213j:plain

筆者の申請では申請内容に問題があったため、この後に申請の差し戻しが発生しました。
参考事例として、筆者が行った差し戻し対応も以下に記事にします。
bluebirdofoz.hatenablog.com

自作の HoloLens2 アプリを Microsoft Store で公開する その9(Sotre listings(ストアの登録情報)の指定)

本日は Microsoft Store に関する調査枠です。
自作の HoloLens2 アプリを Microsoft Store で公開するための作業手順を記事にします。

その9は Sotre listings(ストアの登録情報) の指定です。

前回記事

以下の前回記事の続きです。
bluebirdofoz.hatenablog.com

Sotre listings(ストアの登録情報)

以下のページを参考に設定を行います。
docs.microsoft.com

フィールド名 Notes 詳しい情報
説明 必須 人の心をつかむアプリの説明を書く
このバージョンの新機能 省略可能 リリース ノート
アプリの機能 省略可能 製品の機能
スクリーンショット 必須(4つ以上を推奨) スクリーンショット
ストア ロゴ 推奨(一部のOSバージョンでは必須) ストア ロゴ
予告編 オプション 予告編
Windows10/11とXboxイメージ 推奨 Windows10/11とXboxイメージ
Xbox画像 Xboxに発行した場合に必要 Xbox 画像
補足フィールド オプション 補足フィールド
検索語句 オプション 検索語句
著作権と商標の情報 オプション 著作権と商標の情報
追加のライセンス条項 オプション 追加のライセンス条項
開発者 オプション 開発者

今回は以下の項目について設定を行いました。
・説明
スクリーンショット
・付加情報(開発者名と連絡先)
f:id:bluebirdofoz:20220125002144j:plain
f:id:bluebirdofoz:20220125002156j:plain

[Save]をクリックして変更を保存します。
f:id:bluebirdofoz:20220125002209j:plain

言語/国ごとの登録情報を追加する

デフォルトでは[English(UnitedStates)]の登録情報を記述する形になります。
日本語の登録情報も記述したい場合は申請ページから[Add/remove langueges]をクリックします。
f:id:bluebirdofoz:20220125002222j:plain

登録言語の管理ページが開くので[Manage additional languages]をクリックします。
f:id:bluebirdofoz:20220125002354j:plain

表示される言語/国の一覧から追加したい項目を選択して[Update]を実行します。
f:id:bluebirdofoz:20220125002405j:plain

これで新たな言語/国の登録情報欄が追加されました。[Save]をクリックして変更を保存します。
f:id:bluebirdofoz:20220125002415j:plain

申請ページを改めて開くと、ストア登録情報に登録欄が追加されています。
f:id:bluebirdofoz:20220125002426j:plain

ストア登録情報ページを開き、指定した言語で設定を行います。
f:id:bluebirdofoz:20220125002447j:plain
f:id:bluebirdofoz:20220125002458j:plain

次は最後の Submission options(申請オプション) の設定と申請の実行を行います。

自作の HoloLens2 アプリを Microsoft Store で公開する その8(Packages(パッケージ)の指定)

本日は Microsoft Store に関する調査枠です。
自作の HoloLens2 アプリを Microsoft Store で公開するための作業手順を記事にします。

その8は Packages(パッケージ) の指定です。

前回記事

以下の前回記事の続きです。
bluebirdofoz.hatenablog.com

Packages(パッケージ)

以下のページを参考に設定を行います。
docs.microsoft.com
docs.microsoft.com

フィールド名 Notes 詳しい情報
パッケージのアップロード制御 必須 (パッケージが 1 つ以上) アプリパッケージのアップロード
バイスファミリの利用可否 既定値:パッケージに基づく バイスファミリの利用可否
段階的なパッケージのロールアウト 省略可能(更新プログラムのみ) 段階的なパッケージのロールアウト
必須の更新プログラム 省略可能(更新プログラムのみ) 必須の更新プログラム

作成した msixupload ファイルを[Packages]項目にアップロードします。
f:id:bluebirdofoz:20220124232217j:plain

パッケージをアップロードするとマニュフェストの設定を元に適切なデバイスファミリが選択されます。
HoloLens2 アプリの場合、[Windows10 Mixed Reality]が選択されていれば問題ありません。
[Save]をクリックして変更を保存します。
f:id:bluebirdofoz:20220124232230j:plain

次は Sotre listings(ストアの登録情報) の設定です。
bluebirdofoz.hatenablog.com

自作の HoloLens2 アプリを Microsoft Store で公開する その7(Age ratings(年齢区分)の指定)

本日は Microsoft Store に関する調査枠です。
自作の HoloLens2 アプリを Microsoft Store で公開するための作業手順を記事にします。

その7はAge ratings(年齢区分)の指定です。

前回記事

以下の前回記事の続きです。
bluebirdofoz.hatenablog.com

Age ratings(年齢区分)

以下のページを参考に設定を行います。
docs.microsoft.com

フィールド名 Notes 詳しい情報
年齢区分 必須 年齢区分

年齢区分はアプリ内の表現について以下のアンケートに答えることで自動で判定されます。
f:id:bluebirdofoz:20220123115716j:plain
f:id:bluebirdofoz:20220123115730j:plain
f:id:bluebirdofoz:20220123115741j:plain

回答後、ページ下部の[Save and generate]をクリックすると年齢区分が判定されます。
f:id:bluebirdofoz:20220123115753j:plain

判定結果の確認

判定された年齢区分に問題がなければ[Continure]をクリックして変更を反映します。
f:id:bluebirdofoz:20220123115806j:plain
f:id:bluebirdofoz:20220123115821j:plain

次は Packages(パッケージ) の設定です。
bluebirdofoz.hatenablog.com

自作の HoloLens2 アプリを Microsoft Store で公開する その6(Properties(プロパティ)の指定)

本日は Microsoft Store に関する調査枠です。
自作の HoloLens2 アプリを Microsoft Store で公開するための作業手順を記事にします。

その6はProperties(プロパティ)の指定です。

前回記事

以下の前回記事の続きです。
bluebirdofoz.hatenablog.com

Properties(プロパティ)

以下のページを参考に設定を行います。
・[プロパティ]ページ
docs.microsoft.com

フィールド名 Notes 詳しい情報
カテゴリとサブカテゴリ 必須 カテゴリとサブカテゴリの一覧
プライバシーポリシーのURL 多くのアプリでは必須([アプリ開発者契約]と[MicrosoftStoreポリシー]を参照) プライバシーポリシーのURL
Web サイト 省略可能 Webサイト
サポートの問い合わせ先情報 製品がXboxで使用可能な場合は必須(それ以外の場合は省略可能) サポートの問い合わせ先情報
ゲーム設定 省略可能(ゲームにのみ適用) ゲーム設定
表示モード 省略可能 表示モード
製品の宣言 既定値:ユーザーは代替ドライブやリムーバブルストレージにこのアプリをインストールできます 製品の宣言
システム要件 省略可能 システム要件

今回は以下の項目について設定を行いました。

カテゴリとサブカテゴリ

アプリケーションのカテゴリを指定します。
今回は[Entertainment]を選択しました。[Entertainment]にサブカテゴリはありません。
f:id:bluebirdofoz:20220122004919j:plain

Tips

ここで[Game]カテゴリを選ぶ際は十分に注意して下さい。
[Game]カテゴリは後から他のカテゴリへの変更が行えないため、ゲームカテゴリとして適切でないと判断された場合、申請を一からやり直す必要があります。
f:id:bluebirdofoz:20220122004927j:plain

サポート情報

HoloLens2 アプリでマイク機能など、ユーザ情報取得に関する機能を有効にしている場合、プライバシーポリシーの設定が必須となります。
f:id:bluebirdofoz:20220122004937j:plain

表示モード

HoloLens2 アプリの場合、表示モードで[HoloLens]を指定します。
f:id:bluebirdofoz:20220122004947j:plain

システム要件

HoloLens2 アプリの場合、システム要件で[Windows Mixed Reality immersive headset]を指定します。
f:id:bluebirdofoz:20220122004959j:plain
f:id:bluebirdofoz:20220122005009j:plain

ページ下部の[Save]をクリックして変更を保存します。
f:id:bluebirdofoz:20220122005019j:plain

次は Age ratings(年齢区分) の設定です。