読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

MRが楽しい

MRやVRについて学習したことを書き残す

Blenderで3Dモデルを作成する(かんたん講座編その4)

本日は服と靴のモデリングを行いました。
f:id:bluebirdofoz:20170519002914j:plain
後、頭頂部の丸みが歪なのが気になったのでその2、その3で学んだ知識をもとに修正しています。

今回は服の作成にシュリンクラップ機能というのを用いました。
素体を元に厚みを持った服が作成できるため、非常に効率的です。
・【Blenderシュリンクラップの使い方【覚書】
 http://madeinpc.blog50.fc2.com/blog-entry-886.html
・ブレンダー2.48の新機能シュリンクラップで包んでみよう
 http://pastel.slmame.com/e443938.html

服だけでなく、色々活用できそうな機能です。
現実の携帯端末を3Dスキャンでモデルを取り込み、この機能を用いてプラスチックカバーの3Dモデルを作成したり。
3Dプリンタまであれば自作のカスタムカバーを詳細な採寸無しで作れてしまいそう。

因みにblenderの3Dオブジェクトの加工機能ですが、見えるだけでまだまだこれだけあります。
f:id:bluebirdofoz:20170519003538j:plain
作成に辺り、知っていると便利な機能が色々出てくるので、一度全部調べておきます。