MRが楽しい

MRやVRについて学習したことを書き残す

mocopiReceiverPluginを使ってmocopiのモーションデータをUnityで利用する その4(Questアプリでモーションデータを利用する)

本日はmocpiの技術調査枠です。
mocopiReceiverPluginを使ってmocopiのモーションデータをUnityで利用する方法を記事にします。
今回はQuestアプリでモーションデータを利用する手順です。

前回記事

以下の前回記事の続きです。
bluebirdofoz.hatenablog.com

mocopiReceiverPluginの対応プラットフォーム

以下のページにmocopiReceiverPluginの対応プラットフォームがまとめられています。
www.sony.net

<対応プラットフォーム>
Windows 10/11
macOS 10.15以降
Android 11以降
iOS 15.7以降

QuestアプリはAndroidプラットフォームに当たるため、Questでも本プラグインは利用可能です。

Quest3向けのプロジェクト設定を行う

前回記事で作成したUnityプロジェクトにQuest3向けのプロジェクト設定を行います。
以下の記事を参考にMRTKv2.xを使ったプロジェクト設定を行いました。
bluebirdofoz.hatenablog.com

キャラクター側の設定は前回記事の設定から変更の必要はありません。
Questの床認識に合わせてキャラクターを設置させるため、ColliderとRigidbodyのみ追加しています。

Androidプラットフォームでビルドしてapkファイルを作成します。

Questへのアプリのインストール手順は以下の記事を参照ください。
bluebirdofoz.hatenablog.com

動作確認

Quest上でアプリを起動して前回記事と同様の手順でスマートフォンのmocopiアプリからモーションデータを送信します。
bluebirdofoz.hatenablog.com

QuestのIPアドレスの確認方法は以下を参照ください。
bluebirdofoz.hatenablog.com

以下の通りQuestアプリでもmocopiのモーションデータを受け取ってキャラクターに反映できました。